はこなび 函館タウンなび函館 ホテル 予約

北海道旅行ガイド/小樽・積丹の観光スポット

北海道観光ガイド - ニセコ・羊蹄 -
スペース
北海道観光ガイド ≪観光ガイドTOP

道央
札幌・定山渓
小樽・積丹
ニセコ・羊蹄
富良野・美瑛
千歳・支笏
道南
函館・大沼
松前・江差
登別・洞爺
道東
旭川・大雪
帯広・十勝
日高・襟裳
知床
釧路・根室
阿寒・摩周湖
網走・北見
道北
稚内・利尻 礼文
留萌・天売 焼尻

北海道旅行の予備知識
北海道の気候・服装
北海道の交通情報
北海道の文化・歴史
ニセコ・羊蹄エリア   ニセコ 羊蹄山 観光マップ
Hokkaido Niseko
蝦夷富士と呼ばれる雄大な姿の羊蹄山。山の西側のニセコ地区は、平野と1000m級の山岳地帯から成り、温泉の湧くリゾート地が点在する。抜群の雪質と、札幌から2時間、函館から3時間のアクセスのよさで、スキー場の人気は高まり、海外からの観光客も集めている。登山、川下り、乗馬、自然観察など、体を動かして楽しむ体感観光が多い。羊蹄山を含む東側は、支笏洞爺国立公園に属し、麓の京極町の天然水が有名だ。
羊蹄山とニセコのスキー場



冬の羊蹄山
羊蹄山
蝦夷富士の愛称で知られる羊蹄山。4つの登山コース(登山可能期間6月上旬〜10月上旬)があるので、好きなコースを選んで登ることができる。夏にはキバナシャクナゲ・エゾイソツツジなど、目にも鮮やかな約80種の高山植物が咲き揃う。
◇詳細情報はこちら
倶知安町 羊蹄山情報
http://www.town.kutchan.hokkaido.jp/tourism/yoteizan/


羊蹄パノラマテラス
羊蹄パノラマテラス
早朝にルスツリゾートのゴンドラリフトでウエストMt.の山頂へ。羊蹄山の裾野をおおうように発生する雲海が人気で、専用のテラス席から絶景を眺められる。ホテル宿泊者も有料でリフトを利用するが、それ以外の利用者は遊園地の入場券も必要。雲海が見られるのは6月くらいまで。
◇詳細情報はこちら
ルスツリゾート 留寿都村  http://rusutsu.co.jp/


ニセコ ひらふ 倶知安スキー場
ニセコ ひらふ 倶知安スキー場
上質なパウダースノーを求めて世界中からスキーヤーやスノーボーダーがやってくる、国内でも有数の魅力的なゲレンデ。アンヌプリ、東山、グランヒラフ(ヒラフ、花園)がニセコユナイテッドエリアのスキー場で、全山はリフトで結ばれ48km越えのコースを楽しめる。アンヌプリ、グランヒラフでは夏にゴンドラを運行している。標高1,000mの展望台へ10分で運んでくれる。
◇詳しくはこちら
ニセコユナイテッド http://www.niseko.ne.jp/


京極町 ふきだし湧水
名水の里
羊蹄山の麓には湧き水の噴出する場所が随所にあり、人気を集めている。京極町のふきだし公園、羊蹄山自然公園、ニセコ町の甘露水など、羊蹄山の雪が数十年かけて濾過されて伏流水となり湧出した天然水で、ミネラルたっぷり。味と汲みやすさでおすすめは、さかもと公園の甘露水。


ニセコ連峰 大湯沼
ニセコ連峰
中・上級者向けの縦走コースが多数あり、変化に富んだ景色とアップダウンを繰り返す登山が楽しめる。主峰のニセコアンヌプリ(1,308.5m)、イワオヌプリ、チセヌプリなどの山々が日本海の岩内町まで連なっている。山頂からは日本海、太平洋、洞爺湖を望める。大谷地の湿原は初心者向けだが、それ以外は山深く入る登山となるので、ハイキング感覚で入山するのは危険。写真は大湯沼。


神仙沼
神仙沼・長沼
自然休養林の遊歩道をすすみ、湿原の木道を渡って、20分ほどで神仙沼に到着する。神秘的と称される静かな水面の湖沼は、夏のグリーンシーズンはもちろん、紅葉の季節も美しい。ひょうたんの形の長沼へは分岐から15分、原生林に囲まれて、ひっそりと佇んでいる。


北海道 観光スポットの紹介

ニセコ・ミルク工房
買う
http://www.niseko-takahashi.jp/
アイスクリームとケーキの工房、カフェがあり、高橋牧場の絞りたての牛乳を使ったお菓子を販売し人気をよんでいる。野菜をたっぷりとれるビュッフェを提供するレストランも注目。

道の駅・ニセコビュープラザ買う
http://www.niseko-ta.jp/index.php?id=87
地元の農家が集まって農家ごとのブースで野菜、米、加工品などを販売する人気の直売所は、旬のものであふれ、都度補充をされるので新鮮なものが安く手に入る。並びにはフードコートがあり、ドライブのひと休みに調度よい。隣には情報を仕入れる案内所がある。


Copyright (C) 1996-2019「函館タウンなび」ACCESS Inc. - All rights reserved.