はこなび 函館タウンなび函館 ホテル 予約

北海道旅行ガイド/札幌・定山渓の観光スポット

北海道観光ガイド - 札幌・定山渓 -
スペース
北海道観光ガイド ≪観光ガイドTOP

道央
札幌・定山渓
小樽・積丹
ニセコ・羊蹄
富良野・美瑛
千歳・支笏
道南
函館・大沼
松前・江差
登別・洞爺
道東
旭川・大雪
帯広・十勝
日高・襟裳
知床
釧路・根室
阿寒・摩周湖
網走・北見
道北
稚内・利尻 礼文
留萌・天売 焼尻

北海道旅行の予備知識
北海道の気候・服装
北海道の交通情報
北海道の文化・歴史
札幌・定山渓エリア   札幌 定山渓エリアの観光マップ
Hokkaido Sapporo Jouzankei
人口196万人を超える札幌は北海道の人口の約3割を占め、北海道の経済、文化の中心を担うとともに、道内各地への交通の拠点にもなっている、北海道の中心都市。道路は碁盤の目に区画され、街は東西南北に広がっていっている。雪まつり会場の大通り公園の周辺から人の流れが代わり、数年前からJR札幌駅エリアに商圏が移り、駅から続く長い地下歩行空間が冬でも快適に生活するかかせない道となっている。
また四季の特徴を生かしたまつりやイベントが開かれるのも札幌の魅力。5月末のライラック祭りを皮切りに、世界中から若手音楽家が集まるPMFフェスティバル、ビアガーデン、オータムフェスト、ミュンヘンクリスマス市、ホワイトイルミネーション、雪まつりなど、食と組み合わせて工夫している。郊外に足を延ばせば大自然の中に文化の香りがする施設も点在している。
札幌中心部の大通公園
▲札幌中心部の大通公園
札幌の奥座敷・定山渓温泉は、禅僧の美泉定山(びせんじょうざん)が慶応2年(1866)に浴舎を建てたことからはじまり、以来150年以上の歴史を持つ温泉郷。地下2000メートルから自然湧出する温泉は透明度の高い弱食塩泉で、湯量の豊かさを誇る。



藻岩山から夜景
藻岩山から夜景
日本新三大夜景のひとつ、札幌の街の展望スポットとして、再度脚光を浴びている。さえぎるもののないパノラマに全方位から包まれるような気分になり、絶景レストランや幸せの鐘などカップル向けにロマンティックな雰囲気を演出している。
◇詳しくはこちら
http://moiwa.sapporo-dc.co.jp/


北海道大学植物園
北海道大学植物園
道庁近くにある広大な敷地の園は、クラーク博士が明治10年に教育のため植物園が必要なことを提言したのが由来とされている。広さは13.3ヘクタールあり花木や草木など研究に収集した約4,000種類が植えられている。桜や紫陽花の花見に、秋には紅葉も色づく癒しの場である。
◇詳しくはこちら
https://www.hokudai.ac.jp/fsc/bg/


モエレ沼公園
彫刻家イサム・ノグチの造形美

芝生とアートを楽しむ広々した園内に、眺望が素晴らしいモエレ山、ガラスのピラミッドは象徴的、海の噴水はダイナミック。夏には音楽と融合させた花火のショーが行われる。
◇詳しくはこちら
http://moerenumapark.jp/



札幌周辺の観光スポット

羊ヶ丘でラベンダー鑑賞見る
https://www.hitsujigaoka.jp/
さっぽろ羊ヶ丘展望台は羊の群れとクラーク博士像だけが見どころではなく、今や夏7月に咲く1,300株のラベンダー畑が人気。想像以上の広さに一面のラベンダーが香る。

旭山記念公園見る
http://www.sapporo-park.or.jp/asahiyama/
札幌の新たな展望スポットで年々認知度が高まり混み合ってきている。高さは137mほどなので都市・札幌の街並みを手に取るように近くに感じられる。周りには森がいくつかあり散策に適している。

札幌市電見る
http://www.city.sapporo.jp/st/shiden/sidenromen.html
西4丁目から南下して郊外を回る約9kmの路線は、すすきの、狸小路の賑わいを経由して藻岩山に行く時に利用できる。低床型で乗降りがスムーズで、スピードは時速30kとのんびり走る。

石山緑地 石切場とアートのマッチング遊ぶ
http://www.mit-ueki.com/ishiyama_shisetu.html
ダイナミックな景観に、アート作品を配した、斬新な景色が広がる場。札幌軟石の石切り場の跡地を蘇らせた道内の彫刻家たちに感謝しつつ、神秘的な空間に身をおきたい。

札幌時計台 国指定重要文化財見る
http://sapporoshi-tokeidai.jp/
2018年に20年ぶりの外壁の塗装修理が終了し、白と赤に塗られて蘇った。札幌農学校の中央講堂として誕生してから140年が経ち、新たに館内にクラーク博士の座るベンチが設置され、隣に腰かければ一緒に記念撮影ができる趣向だ。

開拓時代のシンボル レンガ造りや西洋館見る
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/sm/sum/sk/akarenga.htm
赤レンガの呼称の北海道庁旧本庁舎、北海道大学の古賀記念講堂、サッポロビール博物館、石造りの札幌資料館、パステルカラーがまぶしい洋館の豊平館など美しく特徴的な建物が揃い、見て回る楽しみがある。

札幌市 円山動物園見る
http://www.city.sapporo.jp/zoo/
ホッキョクグマの赤ちゃんの公開が話題になり、ホッキョクグマ館がオープンした。冬は北方地方に生息するレッサーパンダやヒグマ、夏は「夜の動物園」で生態を観察できる。トラやユキヒョウのどう猛な動物の食事の様子を観察する「みんなのドキドキ体験」が評判。通年営業。

白い恋人パーク遊ぶ
http://www.shiroikoibitopark.jp/
お菓子のテーマパークで、オリジナルの白い恋人を製作体験、工場見学、カフェでは白い恋人パフェが人気。大規模なイルミネーション目当てで訪れる人も多い。


Copyright (C) 1996-2019「函館タウンなび」ACCESS Inc. - All rights reserved.